車査定

高速道路と通常道路の違い

高速道路と通常の道路には大きな違いがあります。だから、よく考えて利用してください。
まず、大きさが違いますね。通常の道路でも作ろうと思えば長く作ることができますが、高速道路の場合は高台で作っていることもあり、長く直線的な道になっています。山などが在っても迂回せずに突き抜けているためかなり短縮することができるでしょう。
次にお金がかかることでしょう。高速道路でも無料で使用出来るところがありますが、有料の高速道路が多いので注意しないといけません。まあ、お金を払うだけ在って移動時間がかなり少なくて良いですね。
次に、スピードです。通常の道路は最高でも標識上80までです。まあ、それ以上出している人でも100までが限界ですね。ですが、高速道路は基本的に標識上80〜100まで出すことができます。ですが、大体の人は100以上出している上に、早い人は120〜140など出す人も居るでしょう。このようにスピードの感覚が圧倒的に違います。故に、高速道路を降りた時に若干スピードが出るので注意しないといけませんね。
このように高速道路と通常道路とでは違います。最近では高速道路を津波からの避難用にするところもあり、高速道路の使い道が結構増えているでしょう。他にも多く違いがありますので注意してくださいね。