車査定

ベンツCLSクラス

ベンツCLSクラスは、メルセデスベンツが2005年から販売するセダン型の大型高級乗用車で、4ドアハードトップ型の車種になります。メルセデスベンツでは4ドアクーペと称しています。ベンツCLSクラスは、セダンでありながらクーペのようなエクステリアが特徴で、サッシュレス4ドアが採用されています。この車は、先代Eクラスセダンからの派生車両で、シャーシと内装の基本部分を共有しています。全長と全幅はやや大きくなっていますが、乗車定員は4人です。ベンツCLSクラスの車名であるCLSは、CLクラスとSクラスを合わせたものです。初代は、2004年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで量産型が発表され、欧州市場においては2004年に発売されました。そして日本導入モデルに加え、3.0L V6ディーゼルエンジンを搭載したモデルCLS320 CDIがあります。日本での販売は2005年からで、CLS350、CLS500、CLS55 AMGが導入されました。2006年にはマイナーチェンジされ、CLS500、CLS55 AMGがなくなり、CLS550とCLS63 AMGが新しく設定されました。そして2010年、メルセデスベンツは2代目CLSクラスを発表しました。デザインは3代目SLKクラスからの新しいメルセデスベンツのデザインをそのまま踏襲しています。