車査定

カイエン

ポルシェ・カイエンは、車両本体価格が751万円〜1569万円で、燃費が6km/L〜14km/Lの車である。
ポルシェとしては初のSUVであり、5ドア車として誕生した。
メーカー側は、「新しい形のスポーツカー」としており、SUVという表現を使っていない。
フォルクスワーゲンと共同開発されフォルクスワーゲン・トゥアレグとは共通したコンポーネントが多い。
オフロードでの走破性を十分に確保しながらも、スポーティなハンドリングはポルシェらしく、走行性能、外観を持っている。
車名である「Cayenne」は、赤唐辛子のことを意味して
いるが、ポルシェ側では、「カイエン」というのは、「冒険心」、「生きる喜び」、「痛快」という意味を表す代名詞となるだろうといっている。
初代カイエンは、SUVカテゴリーで大成功を収めた。
2代目ではモデルチェンジがなされ、燃費の性能が向上している。
ボディサイズは拡大したが、素材や部品を見直すことによって先代よりも180kg減量を活性している。
2011年6月には一部改良がなされ、ETCが全車に標準装備となった。