車査定

ベンツC

メルセデス・ベンツ・Cクラスは、車両本体価格が1500万円で、燃費が14km/Lの車である。
FR車の中でもベーシックなラインを持っているモデルである。
1982年に発売された190Eが源流となっていて、これはアメリカでも燃費規制に対応して開発されたものになっている。
その190Eが1993年にフルモデルチェンジが行われ、そのときにCクラスと呼ばれるようになり、2000年に発売された2代目に続き、2007年6月に3代目が発売された。
発売された当初はセダンのみだった。
2年近く遅れた2008年4月にステーションワゴンが発売され、さらに2011年10月にクーペが発売された。
これでCクラスのバリエーションが完成することとなった。
2008年7月には仕様や装備を変更し、2009年8月にはC250系モデルを追加した。
2010年2月にはチューニングの異なるC200系のモデルを追加し、スーパーチャージャー仕様を廃止にした。
2011年5月には内装と外装のデザインを変更し、パワーレーンの改良もした。
2011年10月には仕様や装備を充実化させた。