車査定

アウディ200

車査定

アウディ・200は、ドイツの自動車メーカーであるアウディが、1979年〜1991年まで生産していた車であり、大型乗用車である。
アウディ・100の上級モデルであり、アメリカではアウディ5000という車名で販売されていた。他の上級モデルとしては、1988年に登場したアウディV8がある。
100のシャーシを基にして、上級車が搭載していた直列5気筒2100cc、燃料噴射装置付き136馬力、あるいは2.2リッター5気筒エンジンを搭載しており、足回りを強化させたモデルだった。
駆動方式は前輪駆動のみ。
小型のターボエンジンが大柄なボディを前輪駆動する構造は、当時のアッパーミドルクラスの乗用車では珍しいものであった。
デザインも100のものより高級になっており、角型4灯式ヘッドライトが特徴的であった。
2代目は1982年に登場した。
エンジンは翌年には2000ccに拡大された。
1989年にはDOHCバルブ2200ccで220馬力の200クアトロ20Vも追加された。
1991年にフルモデルチェンジが行われ、名称が100に統一されることになり、200は消滅した。