車査定

アウディ100

車査定

アウディ100は、ドイツの自動車会社であるアウディが1968年から1994年まで製造していた、中型の乗用車である。
アウディ100は、ボディタイプはセダンで、排気量は2309cc〜2771cc、価格帯が489.0万円〜566.0万円の車である。
初めてのV6エンジンを搭載したアッパミドルセダンとして登場し、話題を呼んだ。
登場は、1983年であり、アパミドルクラスのセダンが100であった。
2代目は8年ぶりにフルモデルチェンジが行われ、アウディでは初となる2.8リッターのV6エンジンが搭載された、2.8E、2.3リッター直列5気筒の2.3Eの2モデルがある。
それぞれは前輪駆動のFF方式であり、ハンドルは左と右の選択が可能となっている。
ミッションは4速ATであり、いずれもモードセレクターが付いている。
室内空間は、インパル部分にはウッドパネルが採用されており、その全体的な雰囲気は知的なものとなっている。
1991年11月に、安全面としては、サイドプロテクションバー、ABS、プロコンーテン安全システムが標準で装備されている。