車査定

レイ

レイは、光岡自動車が製造するクラシック風軽自動車の車種で、初代レイは、1996年から1999年まで販売されていました。
ボディは、オートザム・キャロルのアウトアビアンキA112の3ドア3代目がベースとなっています。
そして、専用のフロントマスク、リアテールランプ、木目調パネルが装備されました。
前後バンパーにオーバーライダーを装着し、全長を伸ばした小型普通車仕様もありました。
2代目レイは、1999年から2002年まで販売されました。モデルとなったのが、ボディはスズキのアルトで、ベースはマツダの4代目キャロルで、初代レイと外装はほとんど変わらず、内装に関しては全く同じ作りでした。
3代目レイは、2002年から2004年まで販売され、3代目でレイは終止符を打ちます。
3代目のベースはミラジーノで、外装に関しては、フロントは初代、リアはベースの風貌を呈しています。設計は充実していて、高い水準の設計ボディを有しています。
また、最小回転半径が4.3mとなっていて、かなり小回りが利く車となっています。
カラーバリエーションも8種類と豊富で、自分の好みに合った色が選べるようになっています。