車査定

リョーガ

リョーガは、光岡自動車が販売するクラシック風セダン車種で、1998年から2004年まで販売されましたが、今は生産されていません。
初代リョーガは、日産のプリメーラをベースとして作られ、エンジンには1800ccのQG18DEと2000ccのSR20DEのグレードが用意されました。
シフトチェンジとしては、5MT、4MT、ハイパーCVT-M6の3種類が用意されていました。
外装は、後ろのシルエットに関してはプリメーラとほとんど同じで、内装は、プリメーラと全く同じ仕様です。
2代目リョーガは、日産サニーがベースで、初代よりも低価格で販売しており、グレードは3種類で、デラックス、1500ロイヤル、1800ロイヤルとなっています。
シフトチェンジは5MTと4ATのみで、1800だけにCVTが搭載されています。
初代との相違点は、デザインだけではなく、木目加飾などの光岡自動車らしい車となっているところです。
光岡自動車は、クラシックでかっこいい車の定評がありますが、リョーガもクラシックな作りになっています。
公道を走っているとすぐに注目を浴びるくらいに美しい車で、カラーバリエーションも5種類あります。
リョーガは現在、認定中古車だけの販売となっています。