車査定

ベンツSLクラス

車査定

 

メルセデンス・ベンツSLクラス(エスエルクラス)は、
ドイツの自動車メーカーダイムラーが生産し、
同社がメルセデス・ベンツブランドで販売している
クーペ、カブリオレまたはクーペカブリオレタイプの高級車です。
SLの車名の由来は、ドイツ語で軽量スポーツカーを意味する
「Sport Leicht(シュポルト・ライヒト)」の頭文字に由来しています。
SLクラスは、2シーターオープンスポーツの最高峰に位置づけられ、
SLKクラスが下位に存在しています。
ル・マン24時間耐久レースを制覇した「300L」をベースに、
ライトウェイトのクーペまたはカブリオレとして発展したのが、
1954年に登場したSLクラスの初代になります。
1963年に登場した2代目は、高級車としての性格が強く、
ラグジュアリー性や快適性を重視するコンセプトは現在も貫かれています。
3代目は1971年に登場し、シャシーコンポーネンツは
ミッドサイズのW114から転用、エンジンはSクラス用のユニットを搭載しています。
4代目は、1989年に18年ぶりのフルモデルチェンジをして登場しました。

現行の5代目は、2001年にフルモデルチェンジに登場、
バイオリーフ(電動格納式ハードトップ)が装備さています。