車査定

ベンツSLS

メルセデス・ベンツSLS AGM(エスエルエス エイエムジー)は、
ドイツの自動車メーカー、メルセデス・ベンツのAMG部門により
開発されたスーパーカーになります。
2009年9月に開催されたフランクフルトモーターショーで発表され、
同年11月にドイツ国内で、翌2010年3月に欧州各国で販売が開始されました。
日本国内では、2010年6月に正式導入され、9月から納入が始まっています。
AGMは、これまでメルセデンスベンツの各モデルのチューニングを手がけており、
ベンツSLSはAGMが初めて完全独自開発したモデルになります。
事実上は、SLRマクラーレンの後継車ですが、価格は大幅に押さられています。
また、SLRマクラーレンとは異なり右ハンドル仕様も製造されていますが、
日本への導入は左ハンドル車のみになっており、販売価格は2490万円からとなっています。
1954年に発表されたメルセデス・ベンツのクーペ、
300SLをモチーフとしたデザインになっています。
ベンツSLSは、2010年よりF1のセーフティーカーにも用いられています。