車査定

ベンツSLK

メルセデンス・ベンツSLKクラス(エスエルケイクラス)は、
ドイツの自動車メーカーダイムラー社がメルセデンス・ブランドとして、
生産・販売するクーペカブリオレタイプの高級車になります。
上位には、SLクラスがあります。
バリオルーフをメルセデンスのクルマとしては初めて搭載しており、
ルーフオープンの状態から作動時間28秒でクーペ使用に変わります。
初代は1996年に登場し、日本では1997年に
「SLK230コンプレッサー」と「SLK230 AMG」の販売が開始されました。
前年度から予約注文が殺到し、年度分は早くに完売、97年の注文分は
翌年の98年に納車となったため、新古車はプレミア価格で取引がされています。
2代目は、2004年にモデルチェンジし登場、
フロントエンドのデザインがSLRマクラーレンを連想させるものになりました。
現行の3代目は、2011年にフルモデルチェンジをし登場しました。
日本では5月から発売が始まり、まず導入されたのが
「SLK200ブルーエフィシェンシースポーツ」、「SLK200ブルーエフィシェイシー」、
「SLK350ブルーエフィシェンシー」になります。