車査定

ベンツRクラス

メルセデンス・ベンツRクラス(Mercedes−Benz−R−Class)は、
ドイツの自動車メーカーダイムラー社が生産し、
同社がメルセデンス・ベンツブランドで販売しているミニバンタイプの
ラグジュアリークロスオーバーSUVになります。
ベンツRクラスの初代は、2005年のニューヨーク国際自動車ショーで発表され、
日本でも2005年の東京モーターショーで参考出品されています。
ベンツRクラスは、クロスオーバーSUVでありながら
ミニバンやステーションワゴンなどの要素が含まれています。
日本では、2006年4月より「R350 4MATIC」「R500 4MATIC」の
販売が開始され、全てのモデルに7速ATおよびフルタイム4WDを採用しています。
初期の日本仕様は、国土交通省の定める保安基準により
サイドアンダーミラーが付いていましたが、評判が良くないため、
助手席側ドアミラーに内蔵するサイドビューカメラの映像を
カーナビゲーション用モニターに投影するという手法に変更されミラーを廃止しました。
2010年11月には、前後のデザイン変更やETCユニットの標準装備といった
マイナーチェンジが行われています。