車査定

現行モデルへ

車査定

2004年、ハイエースは現行モデルである5代目へと進化しました。
先代のイメージを残しつつもデザインが少し変更され、15年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。
ボディタイプも整理されましたが、それでも色々なものが存在しています。
ほぼすべてがワイドボディになり、小型車枠から外れました。これにより、小型のバンモデルだけが4ナンバーとなりました。
ボディが大きくなり居住性は向上しましたが、取り回しにくいと言う難点が出てきました。

 

その代わりに、ワイドとレッドになったことで、小回りが利きやすくなったという利点もあります。
ですが、それ以外にも今までの100系ハイエースと比べ、エンジンの耐久性がすこしだけ落ちてしまったと耳にする事が多くなりました。トヨタはその後エンジン部分改良をしたという話しがあります。
これら、幾多のマイナーチェンジの結果、排出ガスは平成27年度の燃費基準のプラス5パーセントを達成することになりました。

 

ほかにもディーゼルエンジンモデルには触媒の浄化を手動で行なえる「排気ガスの浄化スイッチ」が装備され、環境への配慮もなされました。