車査定

モデルチェンジ

先代ハイエースのトラックモデルは、1985年まで生産がつづけられていました。
しかしバンモデル、ワゴンモデルは1982年に3代目へとモデルチェンジをしました。

 

新開発のガソリンエンジンと、先代から引き継がれたディーゼルエンジンという2つのラインナップが存在していました。
救急車モデルも引き続き発売され、マイナーチェンジが施されました。フェイスリフトがなされたり、新たなグレードとして最上級の「スーパーカスタムリミテッド」と呼ばれるものが追加されました。

 

ワゴンモデルには、最後のマイナーチェンジで「スーパーGL」という、これまた新たなグレードが追加されました。しかし、4WDモデルには5速マニュアルのラインナップしか有りませんでした。

 

この3代目ハイエースの特徴的なところは、南アフリカ共和国においてのその生産年月の長さにあります。なんと2007年まで生産が続いており、エンジンが2200ccの仕様になっていたのです。これは、デリバリーの自動車としても使われており、今でもたまに公道を走っている姿を見ることができます。