車査定

初期のハイエース

1967年に初代のハイエースは誕生しました。エンジンはコロナと同じ物を搭載していました。当初から、マイクロバス仕様や救急車と言ったバージョンが売り出され、商業用自動車としての役割を持って生まれてきたのが分かります。

 

その後は、マイナーチェンジが幾度もなされます。エンジンの仕様が変更になったり、ロングモデルが追加されたり、外観のデザインも変わりました。
10年後の1977年までこの初代が生産され、2代目へとフルモデルチェンジされます。

 

ラインナップは変わらず、バンモデル、ワゴンモデル、トラックモデル、そして救急車モデルが引き続き発売されました。
この2代目では、オイルショックなどの影響を受け、ディーゼルエンジンモデルがはじめて追加されました。また、クーラーに変わってエアコンがオプション設定されるなど、時代の変化を感じさせるものでした。
この時代の排出ガス基準にも適応させる事も忘れませんでした。