車査定

ハイエースの歴史

ハイエースは現在、5代目が生産販売されています。1967年に発売された当初はまさにバンの様相を呈し、エンジンパワーもこの時代に置いては高く、まさにワンボックスカーとして活躍するために生まれてきたような自動車でした。

 

トヨタからは「救急車」の名前で発売された事もあり、革新的なものでした。
それから10年後の1977年には2代目にモデルチェンジをしました。パワーウィンドウの設定や、マイクロバス仕様車があり、救急車バージョンも引き続き発売されました。
3代目に変わったのは1982年ですが、トラックバージョンは1985年まで販売していました。ハイエースバン、ハイエースワゴンなどが作られ、見慣れた形になってきたのもここからです。これらは、南アフリカにおいて2007年まで生産が続いていたロングモデルとなりました。

 

そして、私たちがもっとも見慣れた4代目へは、1989年に進化を遂げます。これは、今でも多くの場面で見る事が出来ます。そして現行の5代目は2004年に発売され、今でも新車で販売されているハイエースです。