車査定

シートベルト着用免除について

シートベルトの着用は法律で義務付けられています。しかし、このシートベルトの着用を免除された人がいます。だから、シートベルトは必ずしないといけないものでは無くなりました。
シートベルト着用の義務を免除された人は、このような人がいます。まず、病人の人です。病気の状態にもよりますが、シートベルトをすることで健康上良くない場合は免除となります。また、同じように障害者や妊婦なども同じ様に該当されるでしょう。
次に体格によって免除される人がいます。体格が太目、高いや低いなどの体格が極端な人でシートベルトを危険、もしくは使用負荷の場合は免除となります。無理をしないようにしてください。
次に、特殊な人達です。緊急自動車に乗っていて業務中の場合や職務中の警察官、前後にSPなどが居る人、選挙中の選挙カーなどが免除される対象でしょう。緊急車両などはシートベルトをしていると作業ができないためする必要は無いでしょう。そして、守られている人もまたシートベルトの着用は必要ありません。選挙中の選挙カーなどはアピールしないといけないため免除されています。
このようにシートベルトの着用を免除されている人が居るでしょう。そして、意外な自分である郵便配達の人もシートベルトの着用が義務になっていません。このようにいます。まあ、付けたほうが安全なので義務で付けるのではなく、安全のために付けると良いでしょう。