車査定

危険なシートベルトのやり方

シートベルトは、事故の衝撃から体が外に出ないように固定する物です。ですが、このシートベルトは付け方次第で大変危険な状態になるので注意してください。
シートベルトは正しく付けないと大変なことになります。シートベルト自体がかなり丈夫なベルトでできているため、場合によってはかなり体にめり込みます。故に、人間の急所となる部分をシートベルトで圧縮されると大変危険でしょう。故に、注意してシートベルトをしてください。
危険なシートベルトのやり方としては、一つ目に胸位置にあるベルトが首に行っている付け方です。これはかなり危険な状態で普通状態なら問題無いでしょうが、何かしらの衝撃が来た場合に首がベルで圧縮されて呼吸困難や最悪首の骨を損傷させることがあります。この衝撃は別に車同士や固い物に車が突撃したような衝撃ではなく、少々の衝撃でも危険なので注意しましょう。だから、絶対に首元近くにベルトをしないようにしてください。
2つ目に胸位置にあるベルトを脇の部分に挟んで付けるやり方です。これは一見大丈夫そうですが、胸部分のベルトが無いことで事故などを出した時に、体が抜けるようになるので注意してください。
このように、危険なシートベルトのやり方があります。他にもベルトを手首に巻いたり、顔の上にベルトを置いたりするシートベルトの付け方をすると大変危険なので絶対に注意してくださいね。