車査定

シートベルトの使い方

基本的にシートベルトは、3点式の物が多いですが、他にも多くあります。それぞれ多少付け方が違うのでしっかりとした付け方を知ってしっかりと着用しましょうね。そうでないといざというときにシートベルトの機能を活かせずに負傷することになるので注意しましょう。
普通車などは3点式の物ですね。シートベルトを引っ張り、金具をバックルに差し込めばシートベルトの着用をすることができます。基本的にこれで大丈夫なのですが、シートベルトのベルト部分で体全体を抑えないといけないため、必ず胸の当たりにシートベルトのベルトを付けてください。たまに子供などがそれを嫌がって胸のところのベルトを下に移動させていますが、それだとシートベルトの役割を果たせない場合があるので注意してください。また、注意として胸の部分のベルトが首のところにあると大変危険です。車に衝撃が来た時に首に締まり窒息死や首の骨を砕くことになります。だからしっかりとシートベルトを着用してください。あと、金具をバックルに差し込む時に、しっかりと「カチ」と音が出たことを確認してください。結構それがしっかりと入っていなくて衝突時にシートベルトがとれてしまうと言うケースがあるので注意しましょうね。
このようにシートベルトを正しく使いましょう。