車査定

板金塗装の技術について

板金塗装は技術がとても必要になるでしょう。その技術がしっかりと無いと綺麗に車を仕上げることができないので、注意してください。
板金塗装の技術としては、まず車全体を見てどこがどのように壊れているかを判断できる知識が必要になるでしょう。車の構造は結構似ているものがありますので、見ることでどこが破損しているかを判断することができる目が必要です。そして、どのように板金塗装をしていけばよいかの技術も必要でしょう。
板金塗装は、場合によっては切断して新しいものをくっつける作業があります。大破などはこれをしないと綺麗に仕上げることができないので大切な技術でしょう。この技術は切断してくっつくける以外にも色を付ける技術も必要になります。新しくくっ付けた部分は色が違うので車の色と合わせないといけません。だから、色をしっかりと判断出来ないとダメですね。
他にもへこんだ部分を修復させる技術も必要でしょう。大きなヘコミとなると特殊な機材が必要なのでそれを付かこなせないとダメです。また、へこんだ部分に隣接した場所が使えなくなっている場合もあるので合わせる技術も必要です。
このように鈑金塗装は結構技術が必要です。少しの傷を数分で直すような仕事ではないのでしっかりと考えてくださいね。