車査定

ベンツCクラスセダン

ベンツCクラスセダンは、フルモデルチェンジが行われ、エクステリアデザインを分かち、2つのコンセプトをもつモデルになりました。伝統のスリーポインテッドスターを中央に配したフロントグリルを持つモデルをアバンギャルドとし、セダンモデル伝統のフロントグリルとクロームトリムで快適性とラグジュアリーさを強調したモデルをエレガンスとして発表しました。ベンツCクラスセダンの搭載エンジンは、1.8Lスーパーチャージャー付直列4気筒、2.5L/3L V型6気筒の3ユニットを設定しました。52:48と車両重量前後配分の最適化を行った後輪駆動が特徴の車種で、前後サスペンションには、セレクティブダンピングシステム、パラメーターステアリングを装備しています。また、俊敏性と快適性の走りの性能を両立したアジリティコントロールを採用しています。インテリアには、HDDナビゲーションシステムやオーディオビジュアル機能、携帯電話ハンズフリー、音声認識機能などの機能を搭載し、操作性の向上を実現しています。そして、COMANDシステムを全車に標準装備しています。また、特別仕様車として、デビューパッケージを設定しています。