車査定

スピード違反の取締について

スピード違反の取締は幾つかあります。だから注意しておきましょう。
スピード違反の取締はカメラでの取締、ネズミ捕り、パトカーや白バイなどでの取締があります。これらに捕まることでスピード違反となるでしょう。ちなみに、逃げると罪状が増えるので注意してください。
まず一般的にスピードの違反を取り締まっているのがパトカーや白バイなどです。これは普通に道路を見回りしているため、スピード違反をした人をすぐに捕まえるでしょう。このようなパトカーや白バイなどは、基本的に改造されており、かなり速いです。本気を出せば100m以上離れていても追いつけるレベルなので注意しましょう。ちなみに、パトカーや白バイといった簡単なものがありますが、中には覆面パトカーや覆面バイクなどが居るので注意してください。
次に、ネズミ捕りです。これはその名の通り設置型の取締で、一定の場所に測定器を設置してそこを通った車のスピードを測ってスピード違反の場合は止められます。注意していないとすぐに捕まるので注意しましょう。
そして最後にカメラです。これは一定の場所に設置されているカメラがあります。それでスピードを計測してスピード違反をした場合は後日捕まえに来るでしょう。これは完全に放置型なので、すぐには捕まりませんがそれでも車の特定などをして捕まえに来ますので注意してください。
このようにスピード違反の取締がありますので、注意しましょう。