車査定

スピード違反は乗り物で違う

車査定

 

スピード違反は乗り物によって罪状の重さが変わります。と言っても、スピードを出したと言う罪状は変わりませんので間違えないようにしてください。
乗り物が違うと最高速度が違いますね。故にスピード違反となる罰が違います。と言っても、変わるのは反則金で、反則点は変化がありません。反則金は、乗り物が大きい程値段が高くなります。特に大型の乗り物は、4万まで反則金があるでしょう。また、結構大きなスピード違反をすると裁判になりそれによって反則金が変化します。場合によっては何十万などの大金を支払いしないといけない場合があるので注意してくださいね。ちなみに、スピード違反以外の事故などが発生した場合は更に加算されるので注意しましょう。
原付でなら最低7千から1,5万程度です。もちろん、上記で説明したように場合によっては裁判になり加算されることもありますが、大型の車よりは軽いでしょう。だからと言ってスピード違反をして良いわけではありませんので、注意してください。ちなみに、原付で事故を起こした場合は最悪死亡するので注意しましょう。
このように乗り物でスピード違反の罰則が違います。スピード違反自体なければ、深く考える必要は無いので安全に運転しましょう。