車査定

インテリア

部屋のインテリアはだいたい自分で決められるようになっていますし、アパートやマンションであればあまりポスターなどを貼ることは出来ませんが、それでも家具の配置を変えて気分もリフレッシュできたりします。このようにインテリアを少し変えてみるだけで何かとあたらしく、そしてさわやかな気分になれたりするものですが、これがクルマのインテリアとなるとそうも行きません。

 

もともとクルマのインテリアはデザイナーが決めるものであり、自分で決めるのはパーツやグッズなどで飾り付けをするくらいです。そしてクルマのインテリアデザイナーは女性も男性もいますが、ホンダから発売されていた軽自動車のゼストを例にとって見てみると、エクステリアは女性のデザイナーが担当していますがインテリアは男性のデザイナーが担当していました。

 

ゼストのインテリアはスポーツモデルとノーマルタイプのグレードで区別が付きやすいものになっており、スポーツタイプは黒を基調としたカラーリングのインテリア、それ以外のノーマルタイプにおいては暖色系のインテリアとなっているのが特徴的でした。それからマイナーチェンジではオプションパーツでバックモニター付のオーディオがえらべました。

 

 

インテリア関連エントリー