車査定

ゼストについて

車査定

 

 

今の日本国内におけるクルマのカテゴリーなのですが、やはり燃費や維持費などの問題から若者層、高齢層問わずに軽自動車が人気のジャンルのひとつとして知られています。それ以外においてはコンパクトカーやミニバンもありますが、軽自動車は何よりも税金が安いことで人気があるのです。そんな軽自動車をつくっているメーカーのうち、最近ではホンダも力を入れてきました。

 

ホンダがつくってきた軽自動車はいろいろあるのですが、その中のひとつが「ゼスト」になります。ゼストは2012年に生産、販売を終了した軽自動車であり、どちらかと言えばスポーツ志向のクルマのイメージが強いものとなっていました。ゼストは若者に人気の「ゼストスポーツ」と普通のグレードのゼストが発売されていましたが、のちにそのゼストスポーツが廃止されて「ゼストスパークがあたらしくラインナップされました。

 

これはゼストの中でもとくに若者向けにつくられたものであり、ゼストスパーク専用のグリルやフロントマスク、さらにアルミホイールやCDチェンジャーなどを標準で装備したモデルとなっており、実際にも若者のユーザーがこのゼストスパークではなかなかの割合を占めたモデルなのでした。

 

 


ゼストエントリー一覧

概要
ホンダはスポーツカーやハッチバックスポーツモデルの多かった昔のイメージとはがらっと変わって、今ではミニバンや軽自動車に力を入れているメーカーと言う認識が強くなったのが事実です。その中で最近生産も販売も終了した軽自動車と言えば「ゼスト」があります。このゼストの概要ですが、おなじくホンダから発売されている軽自動車の代表的な存在である「ライフ」とプラットフォームを共通させたものとなっているほか、エンジンとミッションに関してもライフとほとんど同じで自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類をラインアップし...
ボディ、シャーシ
クルマにおけるコストダウンや効率化の方法と言えば、プラットフォームを共有するものがあります。この方法を取ることによってパーツの融通が聞いたりすることがありますし、軽自動車やミニバンでもこうした方法が取られているクルマがなります。ホンダから発売されていたトールワゴン型の軽自動車であるゼストでもプラットフォームを共有する方法を取っていたのですが、実際に共有していたのは同じ軽自動車のライフでした。それ以外にもこのゼストのボディ、シャーシを見てみると、軽自動車としてははじめての装備となるサイドカーテンエ...
エクステリア
クルマのエクステリアは、だいたいのクルマが決められているコンセプトに合わせたものにするのがほとんどです。たとえば大人に向けた高級志向のクルマであれば顔つきもおなじくおとなしいものにするようにエクステリアをデザインしますし、若者に向けたエクステリアであれば顔つきもシャープだったりします。このようにクルマのエクステリアについてはある程度の方向性が決められている上で、コンセプトに基づいてデザインが進められていきます。では、大人向けと若者向けのグレードがどちらもある場合は、エクステリアデザイナーもそのエ...
インテリア
部屋のインテリアはだいたい自分で決められるようになっていますし、アパートやマンションであればあまりポスターなどを貼ることは出来ませんが、それでも家具の配置を変えて気分もリフレッシュできたりします。このようにインテリアを少し変えてみるだけで何かとあたらしく、そしてさわやかな気分になれたりするものですが、これがクルマのインテリアとなるとそうも行きません。もともとクルマのインテリアはデザイナーが決めるものであり、自分で決めるのはパーツやグッズなどで飾り付けをするくらいです。そしてクルマのインテリアデザ...