事故車査定

あなたの車、本当に事故車?

車査定で事故車扱いになるのは車の骨格部分(フレームなど)まで歪んでいたり、修理していた場合です。
つまり、バンパーの交換、ドアが凹んで板金修理した、などは事故車扱いにはならないのです。
ですから、あなたの車は事故車ではないかもしれません。
もちろん、キズや修理跡があれば減額の対象にはなります。
でも、車種によっては元々高値が付く車もありますから、まずは複数の買取業者に査定をしてもらいましょう。
自分で車を持ち込まなくても複数の買取業者に査定依頼ができる一括査定がおすすめです。
事故車専門の一括査定もありますが、車の形もないぐらいの大破でなければ普通の一括査定のほうが高値が期待できますよ。
オススメなのがかんたん車査定ガイド
入力がとても簡単で、すぐに概算の見積額がわかります。
が、その金額よりは査定は下がると思っていたほうがいいですね。
事故車は特に査定をする人間の判断によって金額が大きく変わってきますので、できるだけたくさんの業者に見積もりを依頼しましょう。
事故歴や修復歴は隠さず正直に申告して下さいね。
黙っていて向こうから指摘をされると印象が悪くなり、査定額が下がることもありますよ。
査定をするのも人間です。
査定額は査定をする人の胸先三寸で変わりますから好印象を心がけましょう。